佐藤美佳研究室


研究の主旨:

従来のデータ解析では、その手法として、統計的、あるいは、データ科学としての多次元、多変量データ解析の分析法が、理論、応用の両面から研究、開発されてきた。 その一方、急速な計算機機能の進展から、取得するデータは、益々、複雑、かつ大規模化している。そして、それに適応する解析法の開発が期待されている。 データの複雑性の要因としては、データに内在する、不確定性やリスクがあげられる。それらを明らかに認め、かつ積極的に取り入れた解析手法の開発が必要とされている。 従来のデータ解析法への不確定性の導入を主眼とした多次元ソフトデータ解析、及びそれに関連した研究を行っている。


研究内容:
  1. ソフトコンピューティングによる探索的データ解析の理論と応用:
    ソフトデータ解析、ファジィデータ解析、シンボリックデータ解析、ファジィ理論、ニューラルネットワーク、カーネル法
  2. 統計的データ解析の理論と応用:
    多変量解析、関数データ解析、クラスター分析、数量化理論、多次元データの視覚的表現法、多次元尺度構成法、非線形推定論、密度関数推定、データマイニング
  3. 数理統計学:数理解析、統計情報論





研究室メンバー(2014年4月):

大学院生6名。